So-net無料ブログ作成
検索選択

橋下徹 朝日 記事 内容

スポンサーリンク




橋下徹 朝日 記事 内容の真実は・・・・・


週刊朝日記事


「ハシシタ 救世主か衆愚の王か 橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」


と題してノンフィクション作家佐野眞一氏と取材班による緊急連載を始めたのですが、


その第1回目、内容があまりにもひどすぎるのです。


橋下徹市長の政治的な手法や内容の検証は全くせず、


橋下徹市長の正体を暴くと題して、書いていることは


両親や、橋下家のルーツについて


具体的には橋下徹市長の実父が部落出身で元ヤクザであったこと。


そのガ父親がガス管をくわえて自殺をしたこと


橋下市長の叔父にあたる人物が殺人事件を犯していたこと


などです。


出身部落が特定できる内容まであります。


要するに


父親が部落出身でヤクザ、叔父も同じ



息子も出自が悪く人間の質が悪いからろくな人間ではない



政治家になる資格がない


と言いたいようです。


週刊朝日を出版している朝日新聞出版の親会社、朝日新聞社は


「人権第一」で中国人・韓国人の人権まで必死になって守ってませんでしたっけ?


敵対する人間には人権がないと思っているようです。


この記事には橋下市長もブチ切れ


朝日新聞系列の取材は受けない


と取材拒否


まあ当然ですね。


するとたった2日後、


週刊朝日の編集長から謝罪と連載中止のリリースが出ました。

→謝罪はコチラ


そもそも、記事を見ると確信犯的に出自から橋下市長を批判というよりも罵倒したいという意識が見え見えで


取材拒否されて分が悪そうだから引っ込めよう


という感覚も卑怯としか言いようがないですよね。


まあ、朝日新聞社はこれまでも橋下市長に、記者会見等でさんざん論破されまくっており


「廃業した方がいい」


とまで言われてますからね。


でもここまで来るとホントに廃業したら?


って教えてあげたくなります。


この記事に関する詳細なニュースはコチラ↓
<橋下市長>朝日新聞への取材拒否解除 ツイッターに意向
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000031-mai-pol





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。